ようこそ神戸YMCAへ【学校案内】

卒業生からのメッセージ

タヘル グナールさん(インドネシア)
大阪大学経済学部

2005年に卒業したインドネシア出身のタヘル グナールです。
神戸YMCAを卒業後、大阪大学経済学部へ進学。その後、大学院に進学して今も日本で勉強を続けています。YMCAを卒業後、数年経ちましたがその間にも私の日本語は更に上達したと思います。これはYMCAでしっかりと日本語の基礎を身に付けたからだと思います。特にYMCAでは作文を書く授業が多く、当時は大変苦労しましたが、そのお陰で大学に入ってからレポート等を書くことが多いので、とても役に立っています。
また、YMCAの先生やクラスメートに支えてもらったことも大きな力となりました。大学の入学前、情報収集をはじめ、入試準備など力を貸してもらうことも多く、大変お世話になりました。YMCAでの多くの方の支えとたくさんの貴重な経験を経て現在があり、そして今は夢に向かって充実した学生生活を送っています。

私は中国出身の蘇朔望(ス ソワン)と申します。1993年3月にYMCAを卒業し、慶応義塾大学総合政策学部に進学後、三井不動産株式会社に勤務し、現在はアジア地域における商業施設の開発を担当しています。
神戸YMCAで過ごした時間は、私にとって、日本社会に馴染み、そこで夢を実現するための一歩を踏み出そうと奮闘した、人生の記念碑的な時間です。異文化社会で暮らすことはそれだけで非常に挑戦的な出来事で、苦しいことも多いので、そのようなときに親切な先生や温かい友人などがいてくれるととても助けられます。神戸YMCAでは、自分の努力に先生や友人が応えてくれ、応援してくれて、この苦しい時期を乗り越えることができました。神戸YMCAには心から感謝しています。
皆さまも、ぜひ努力の報われる留学環境を選んで、満足のいく留学生活を送ってください。

蘇朔望さん(中国)
三井不動産株式会社 勤務

日本の社会は「人の気持ちを重んじる・尊重し合う」とてもすばらしい社会で、とても驚かされました。
日本に興味を持って来日される方々、せっかくの機会なので、ぜひ日本の文化を学びながら、交流会・会話などを通じて日本社会に溶け込んで、生活を送ってみることをお勧めします。そうすることで、日本語が抜群に上達する方法、かけがえのない思い出・人との出会いが見つかるかもしれません。私はそうやって日本語学校・大学・入社までの間に数え切れないほどのすばらしい思い出・出会いを得、これからもそう続けていきたい。読者のみなさん共にがんばりましょう!!
日本はきっとみんなが来ることを心温かく待っている!

ANDI LUKITO さん(インドネシア) Lawson Company Ltd (株式会社ローソン)勤務

大学院での二年間の勉強は、だいたい一年目授業、就職活動と研究、二年目研究がメインです。
理系の場合は学会に参加するチャンスが多ので、自分の研究を発表することも可能です。

謝夢 さん(中国)
同志社大学大学院工学研究科情報工学専攻 NTTドコモ勤務

大学受験の前に先生は学生一人一人を指導し、とても安心です!ここで身につけた【人の前での話し方】、【文章の書き方】などは大学に入っても活かせるのでYMCAで勉強してよっかたと思います!

王 鳳 さん(中国) 兵庫県立大学 経営学部

YMCAでは、先生たちの授業はとてもわかりやすく、役に立ち、本当に「言語の勉強」というのはこんなに楽しいものだったのかと思いました。それがきっかけで私も先生になりたくなりました。YMCA専用の教材もとてもよいと思います。また、書く、話す、読む、聞く各方面からの指導があります。私が一番好きなのは「話す」の指導です。結構恥ずかしいタイプなので、「話す」練習は大学院の面接のときにすごく役に立ちました。さらに、先生たちは日本語を教えてくれるだけではなく、悩みがあれば、何でも聞いてくれるし、何でも助けてくれます。日本語能力試験前の対策クラスのおかげで、一級の試験に合格が出来ました。

肖 海娜 さん(中国) 神戸市外国語大学大学院

今神戸服装専門学校でファッションデザインを勉強しています。学校の授業は本当に大変だと思います。様々なコンテストやイベントに参加するために、毎週デザイン画を提出したり、服を縫ったり、更に、校外研修した後で、必ずレポート提出もあります。先生たちの話のスピードは速いので、時には分からない部分もあると思います。しかし、先生たちとクラスメートは親切なので、どんなに困っていても解決できます。そして、学校は授業ばかりだけではなく、運動会、クリスマス会など面白いイベントも行います。服を作るのは以前からずっと学びたいことだったので、今それができることは、本当に嬉しいです。これからも、頑張ります!今年の目標は就職活動です!これも、また良い経験になるでしょう!

梁 瑋娟 さん(台湾) 神戸服装専門学校

5年間の留学生活中で、一番楽しかったのは神戸YMCAでの時間でした。神戸のような、いい都市は日本中なかなかありません。神戸YMCAのような、良い言語学校もなかなかありません。神戸YMCAの先生たちは親切で、まじめで、とてもよかったと思います。YMCAの先生達のお陰で大学に進学して、残念ながら神戸を離れました。大学ではたくさんの留学生と会ったが、日本語力では私たちYMCAの卒業生は誰にも負けません。いろいろな事を経験して、困難を乗り越えて、思い出したら心が暖かくなるのは神戸YMCAでの出来ごとと先生達の言葉でした。神戸は私の第二の故郷と思います。そこには実家の神戸YMCAがあり、親戚のような先生達がいます。

金偉 さん(中国) 立命館大学 理工学部

日本語学科からホテル学科へ

ホテル学科の一員として、正しい日本語を身に付けることは大切なことです。
特に中国人の私にとっては、どうやって自由にきれいな日本語でお客様に対応するのかが一番難しいことです。
YMCAの日本語学校で学んだ事は、学習同様、生活に於いてもすぐに諦めないことです。
外国人にとって慣れない日本での生活は正にサバイバルってことなんです。
私も日本で夢を叶えようと努力しています。

岳 海珍 さん(中国) 神戸YMCA学院専門学校 ホテル学科

私は中国広東省出身の関 皓云(かん こううん)です。日本に留学をすることに決めた時、いろんな学校の説明会に参加しました。日本にきてYMCAの授業を受けて、本当にいい先生達に教えてもらいました。神戸YMCAの先生達はとてもやさしく、どんなことも丁寧に教えてくれました。とても感謝しています。日本語学校では旅行に行ったり、歌舞伎を見たり、勉強の他にもたくさんの行事に参加し、とてもよい学校だと思っています。また、担任の先生に進学面接の練習をたくさんしてもらいました。ホテル学科へ進学することに決めた時も、同じ学校だったのでとても安心して進学することができました。ホテル学科では、ホテルで働いている先生達の本当の話がたくさん聞けて、とても役に立ちます。たくさんの実習があるため、とても忙しいのですが、ホテルで働きたいという自信がつき、就職に結びつけることができました。

関 皓云 さん(中国) シーサイドホテル 舞子ヴィラ神戸 勤務

「産経新聞「この人あり」に掲載されました!」

PDF(記事)を見る (1)(2)(3)

パルカス・アチアリア さん(ネパール) 神戸メリケンパークオリエンタルホテル 勤務